信じて、待ってみる

 令和3年がスタートして、早いもので1か月が終わりました。まもなく暖かい日が差し、桜の咲く季節がやってきますね。そのころには、子ども達は進学・進級を迎えます。
「1学年上がる」ということは、子どもにとっても、私たち大人(保護者)にとっても大きな節目でもあり、不安の出てくる時期でもあります。

「うちの子、上のクラスでやっていけるかな」
「小学校でうまくやれるかな」
「新しい友達できるかな」
「泣かずに行くことができるかな」

楽しみでもあり、いろいろな不安と緊張がありますね。

 さて、ここでお子さんの生まれたばかりのころを思い返してみましょう。

Ⓒ2021ジャパクリップ

 お母さんのおなかの中という守られた温かい環境から、外の世界へ出てきました。

 しゃべることもできなければ、自分でご飯を食べることもできません。(おっぱいやミルクを大人が準備しなければいけませんね)

 きっと、「この世界はどんなところかな」「大丈夫かな」楽しみと不安、緊張でいっぱいです。

 「何もできない」と思われている赤ちゃんですが、そこから・・・

おっぱいの吸い方を教えたわけではないけれど、おっぱいを近づけると口を開けてふくみ、舌を使って飲もうとします。
立ち方を教えたわけではないけれど、ある日つかまり立ちから一人で立てるようになりました。
歩き方を教えたわけではないけれど、自分で1歩踏み出せた。

 こんな風に「練習しなさい」「頑張りなさい」「早くしないとみんなにおいて行かれるよ」「ここの筋肉とここの筋肉をを使って、こういう風に足を出すと歩けるんだよ!」そんな言葉をかけなくても、毎日少しずつ練習して自分で動きを獲得してきた子どもたち。これはどんなお子さんであっても同じです。
それぞれのお子さんで成長の仕方や、伸びているところ、好きなことなどは違いますが、間違いなく、生まれたころの姿より成長しているはずです。 

教えたわけではないのに」どうしてできるようになったのでしょう。どうして成長したのでしょう。これは子どもに元々ある力「自己教育力」と呼ばれる力があるからなのです。

そっと拭いてあげるね

靴も自分で履けるように

文字の習得中

おっぱいの吸い方が分かっているのも、実はおなかの中で自分の指をしゃぶって舌の動きの練習をたくさんたくさんしているから。
一人で立てるようになるのも、実は寝返りやハイハイで立つために必要な動きの練習をたくさんしているから。
歩けるようになるのも、実は立って屈伸したり、転んでも大丈夫なように尻もちをつく練習をたくさんしてるから。
(上記の内容だけができるようになる理由ではありませんが)

「今」自分に必要な育ちを分かって、その育ちを実現するために日々練習をする子ども達の姿は「自己教育力」が存分に発揮されている時と言えます。

この「自分で自分を育てる」途中の子ども達を、ぜひ心配しながらも見守ってあげてほしいのです。
「大丈夫、出来ないときは教えてね。できないところを少し手伝ってあげるよ」こういう気持ちでいてもらえるだけで、子ども達は自分の伸びたい方向へ、自分自身を成長させながら進んでいけるのです。

信じて、待ってみる。

今、小さな1つの花が咲こうとしています。
摘み取らないで、栄養をあげすぎないで、じっくり待ってみましょうか。

「モンテッソーリ子どもの家」映画の紹介

【予告篇】

フランス最古のモンテッソーリ園を2年3カ月にわたって観察したドキュメンタリー。
2.19よりイオンシネマなどで全国公開されます!

リンクより公式ページにとぶことができます⇓
https://montessori-movie.jp/

子どもを持つ親御さんは、皆さん楽しんで見ることができる内容だと思いますので、ぜひご覧ください♪

1/18追記
宮崎では宮崎キネマ館で4月中旬より上映予定があるそうです。(正式決定ではありませんので、変更がある場合があります)

なんでもできる子

 本格的に冷え込み、新型コロナウイルスへの対策も…と気持ちの晴れない日が続いていますね。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 4月の入所に向けて園見学に来られる方も少なくありません。最近は、「モンテッソーリ教育について聞いたことがありますか」と尋ねると、8割・9割の方が首を縦に振って「聞いたことがある」と答えてくださいます。以前はそれほど「モンテッソーリ教育」に関心を持っている保護者の方はいませんでした。「たまたま、近所の園だった」がほとんどです。そう考えると、保護者の方の【子どもの教育】について、関心が少しずつ高まってきているのだと感じます。

入浴剤作り

コーヒー豆削り

ひまわりの種数え

 それと同時に、【大人が子どもに求めること】への高まりも感じています。

 お友達とは仲良く、好き嫌いなく何でも食べて、運動も好きでなんでもこなし、挨拶をしっかりできて、大人の指示をよく聞いて、保育園に嫌がらずに行って、よく寝てくれる‥子どもを持つ親であれば誰もが1度は我が子に「こうしてくれたら・こうだったらいいのに」と願い・思ったことがあるのではないでしょうか。「なんでもできる子」だったら…。または、子どもが困らないように、そうできる環境をできるだけ準備してあげようと思う。
 
 親としてとても自然な想い・気持ちだと思います。

 しかし、思い返すとこんな↑パーフェクトな大人がいるでしょうか。会社で誰とでも仲良く、親戚づきあいも上手くいっている。好き嫌いなく食べ飲みし、初めての場所でも、初対面の人にでも挨拶できて、上司の言うことすべて理解し、失敗なくきっちり仕事ができる…

 私自身の答えは「いいえ」です。仕事では何度も失敗があります、ミスがあります。好き嫌いもあります。人の話は7割くらいしか聞いていません(笑)いえ、もっと聞けていないかもしれませんね。
 実は、保育の現場でもそうした姿を子ども達に求めがちになってしまいます。それが子どもの姿であると勝手に先入観を持ってしまいがちです。

では…想像してみて下さい。

 私たち大人が、会社でミスを絶対にしないことを求められたらどうでしょう。
 1つミスをする度に「それはしてはいけないでしょ」と言われたらどうでしょう。
 喧嘩した友達に、すぐに「謝って」とごめんなさいを催促されたらどうでしょう。
 嫌いな食べ物を上司から「美味しいから食べてみろ」と言われたらどうでしょう。

では、反対に…
 
 失敗したときに「そうだったんだね、じゃあ次はそうならないためにどうしたらいいかな」と上司が一緒に考えてくれたら。
 ミスを受け止めて次の成功につなげよう!とする会社はどうでしょう。
 喧嘩したら、お互い納得するまで話し合い、自分のタイミングで「ごめんね」が言えたらどんな気持ちでしょう。
 嫌いな物でも、他の人が無理に食べさせてこず、美味しそうに食べている姿を見たらどうでしょう。

美味しく食べるよ

喧嘩も時々するよ

失敗は成功のもと!

 あくまでも、仮定の話ですが私たち大人はどちらの対応がうれしいでしょうか。きっと後者が気持ちがいいですよね。それは子ども達でも「同じ」です。

 失敗したら「あ~!」と心のどこかで傷ついているでしょうし(それが表に出ない場合がほとんどですが)、次は上手くやりたい。と思っているのです(まだ調整がうまくいかず、できずに練習を繰り返す事がほとんどですが)。

 この社会はいろいろな人がいて成り立っています。「得意」「苦手」があって当たり前なのです。ですから、子どもにも「得意」「苦手」があって当たり前。
 「苦手」に注目して子どもがいろいろなことを経験できなくしてしまうのではなく。
 「大丈夫」「あなたはそのままでいいんだよ」の支えがあれば、子どもは「苦手」な事にも頑張る力が出てくるのです。

大人が裁判官ではなく、子どもと隣で一緒に走っていける伴奏者に。
そんな気持ちで、子ども達と関わっていきたいですね。

園庭開放について(訂正)

新型コロナウイルス感染拡大を受けて、先日お知らせしました園庭開放は一時中止することになりました。
また、再開のめどが立ちましたらこちらでお知らせいたします。
よろしくお願い致します。

園庭開放について

☆園庭開放☆
毎週火曜 10:30〜11:30
・保護者同伴
・保護者の責任の下、園庭をご利用下さい。
※園の行事等で不在の場合もあります。ご了承下さい。

新型コロナウイルスの影響もあり、中断しておりましたが、再開いたします。
ご利用希望の方は事前に電話で予約してください。
また、来園の際、検温・手指の消毒にご協力ください。
(発熱37.5度以上の場合は申し訳ありませんが、お断りいたします。)
また、7月・8月中は水遊びを行っておりますので、濡れてもいい格好をおススメします。あらかじめご了承ください。

不明点があれば、お気軽にお電話ください。
TEL:25-8189