なんでもできる子

 本格的に冷え込み、新型コロナウイルスへの対策も…と気持ちの晴れない日が続いていますね。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 4月の入所に向けて園見学に来られる方も少なくありません。最近は、「モンテッソーリ教育について聞いたことがありますか」と尋ねると、8割・9割の方が首を縦に振って「聞いたことがある」と答えてくださいます。以前はそれほど「モンテッソーリ教育」に関心を持っている保護者の方はいませんでした。「たまたま、近所の園だった」がほとんどです。そう考えると、保護者の方の【子どもの教育】について、関心が少しずつ高まってきているのだと感じます。

入浴剤作り

コーヒー豆削り

ひまわりの種数え

 それと同時に、【大人が子どもに求めること】への高まりも感じています。

 お友達とは仲良く、好き嫌いなく何でも食べて、運動も好きでなんでもこなし、挨拶をしっかりできて、大人の指示をよく聞いて、保育園に嫌がらずに行って、よく寝てくれる‥子どもを持つ親であれば誰もが1度は我が子に「こうしてくれたら・こうだったらいいのに」と願い・思ったことがあるのではないでしょうか。「なんでもできる子」だったら…。または、子どもが困らないように、そうできる環境をできるだけ準備してあげようと思う。
 
 親としてとても自然な想い・気持ちだと思います。

 しかし、思い返すとこんな↑パーフェクトな大人がいるでしょうか。会社で誰とでも仲良く、親戚づきあいも上手くいっている。好き嫌いなく食べ飲みし、初めての場所でも、初対面の人にでも挨拶できて、上司の言うことすべて理解し、失敗なくきっちり仕事ができる…

 私自身の答えは「いいえ」です。仕事では何度も失敗があります、ミスがあります。好き嫌いもあります。人の話は7割くらいしか聞いていません(笑)いえ、もっと聞けていないかもしれませんね。
 実は、保育の現場でもそうした姿を子ども達に求めがちになってしまいます。それが子どもの姿であると勝手に先入観を持ってしまいがちです。

では…想像してみて下さい。

 私たち大人が、会社でミスを絶対にしないことを求められたらどうでしょう。
 1つミスをする度に「それはしてはいけないでしょ」と言われたらどうでしょう。
 喧嘩した友達に、すぐに「謝って」とごめんなさいを催促されたらどうでしょう。
 嫌いな食べ物を上司から「美味しいから食べてみろ」と言われたらどうでしょう。

では、反対に…
 
 失敗したときに「そうだったんだね、じゃあ次はそうならないためにどうしたらいいかな」と上司が一緒に考えてくれたら。
 ミスを受け止めて次の成功につなげよう!とする会社はどうでしょう。
 喧嘩したら、お互い納得するまで話し合い、自分のタイミングで「ごめんね」が言えたらどんな気持ちでしょう。
 嫌いな物でも、他の人が無理に食べさせてこず、美味しそうに食べている姿を見たらどうでしょう。

美味しく食べるよ

喧嘩も時々するよ

失敗は成功のもと!

 あくまでも、仮定の話ですが私たち大人はどちらの対応がうれしいでしょうか。きっと後者が気持ちがいいですよね。それは子ども達でも「同じ」です。

 失敗したら「あ~!」と心のどこかで傷ついているでしょうし(それが表に出ない場合がほとんどですが)、次は上手くやりたい。と思っているのです(まだ調整がうまくいかず、できずに練習を繰り返す事がほとんどですが)。

 この社会はいろいろな人がいて成り立っています。「得意」「苦手」があって当たり前なのです。ですから、子どもにも「得意」「苦手」があって当たり前。
 「苦手」に注目して子どもがいろいろなことを経験できなくしてしまうのではなく。
 「大丈夫」「あなたはそのままでいいんだよ」の支えがあれば、子どもは「苦手」な事にも頑張る力が出てくるのです。

大人が裁判官ではなく、子どもと隣で一緒に走っていける伴走者に。
そんな気持ちで、子ども達と関わっていきたいですね。

園庭開放について(訂正)

新型コロナウイルス感染拡大を受けて、先日お知らせしました園庭開放は一時中止することになりました。
また、再開のめどが立ちましたらこちらでお知らせいたします。
よろしくお願い致します。

園庭開放について

☆園庭開放☆
毎週火曜 10:30〜11:30
・保護者同伴
・保護者の責任の下、園庭をご利用下さい。
※園の行事等で不在の場合もあります。ご了承下さい。

新型コロナウイルスの影響もあり、中断しておりましたが、再開いたします。
ご利用希望の方は事前に電話で予約してください。
また、来園の際、検温・手指の消毒にご協力ください。
(発熱37.5度以上の場合は申し訳ありませんが、お断りいたします。)
また、7月・8月中は水遊びを行っておりますので、濡れてもいい格好をおススメします。あらかじめご了承ください。

不明点があれば、お気軽にお電話ください。
TEL:25-8189

R3年度 就職希望の方に向けて

R3年度からの「採用について」更新いたしました。

また、園の見学もしくは1日保育体験を受け付けております!
園の雰囲気、子ども達の活動の様子が見られます。お気軽にご連絡下さい♪

事前に連絡いただき、申し込みをお願いします。
℡:0985-25-8189
お待ちしております!

見に

きて

ね~!!

施設見学についてお知らせ

施設見学を希望される方は事前に電話予約をお願いいたします。
また、見学者が重なりますと密の状態になりますので、受付数を制限させていただいております。あらかじめご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。

見学当日は、園玄関でのマスク着用・消毒・検温をお願いしております。
ご協力お願いいたします。

★施設見学
毎週火曜日(10:00〜)※行事等によりお受けできない日もあります。
内容:園内見学、園の概要説明等(所要時間45分ほど)
☎(0985)25−8189

1・2歳児 縦割りクラススタート

新型コロナウイルスが感染拡大し、今までの生活様式が変わりつつある今日。皆様、疲れが出てきていないでしょうか。どうか、お体を大切に。感染拡大防止に一緒に日々努めていきましょう。

令和2年度がスタートし、園でも一つのスタイルが変わりました。
それが、1・2歳児の縦割りクラスです。
その前に、まず縦割りとは…?と思われるでしょう。

★子どもたちが年齢ごとに3歳児は3歳児クラスで、4歳児は4歳児クラスで過ごす事を「横割り」といいます。(年齢別)
★3歳児・4歳児・5歳児が各クラスに分散して過ごす事を「縦割り」と言います。(異年齢混合)

自園は31年間3・4・5歳児の縦割りを続けてきました。
(3・4・5歳児混合クラスが3つあります)

「縦割りクラス」はこれから教育現場に少しずつ増えていくべき形だろうと今、言われ始めています。なぜ、「縦割り」が増えていくのか。それは、私たちが働く・生活する社会すべてが異年齢混合であるからです。25歳は25歳のクラスを作り、35歳は35歳でチームを組み働いている会社がどこかにあるでしょうか。そして、社会はなぜ横割り(年齢別)ではないのでしょうか。それが、異年齢混合「縦割り」の良さにもつながります。

いろいろな人が、「その人の持っている力を年齢関係なく発揮し、協力し合って働くことでこの社会は成り立っています」

 その社会が保育園の1つのクラスでも同じように成り立ち、日々生活しているのが縦割りクラスの子ども達です。

3歳の子どもができないことを4・5歳児が補う。そして3歳児は4・5歳になった時に同じように3歳児に接する。上の年齢の子どもは下の年齢の子どもを気遣い、助けようとする。そして、助けることができた自分に「僕・私はできる」と自信を持つ。

嘘のような本当の話です。子どもがそんな大人のような振る舞いをするのか?!と思われる方もいらっしゃると思いますが、園の生活の中では子どもたちが当たり前に「自分の持っている力を年齢関係なく発揮し、協力し合って生活している」のです。

そして、それは1・2歳児の子ども達でも同じです。
4月から1・2歳児の縦割りがスタートしました。
2歳児の子どもでも1歳児の子どもに対して譲ったり、「大丈夫?」と泣いている1歳児の顔を覗き込み、気に掛ける。そんな姿が見られます。クラスの保育士が驚くほど2歳児は1歳児を思いやり、1歳児は2歳児の姿を手本に生活しています。子ども達がとても自然に人としての営みの中に自分の立ち位置を理解して生きている。とても難しいことをごく自然に受け入れ、毎日活動に取り組む子どもたちに「すごいな~」と感心するばかりです。

年下の子の手を引いて…

異年齢で自然と遊ぶ

新型コロナウイルスが発生したことによって、改めて感じることとなった人とのつながり。一人ひとりが「自粛」を我慢し、守ることで救われる命があり、医療従事者の負担軽減につながる。一人一人の小さな行動が社会を救う一手となっていること。社会の一員である私たち大人も自分の立ち位置を理解し、どう行動していくのか。子どもたちの姿に学ぶものがありそうです。